鹿屋市/自動車整備士・板金塗装/求人/年収200〜700万円

大隅半島地域は電車が走っていない地域。そのため車は1人1台、生活の必需品です。自動車は近年、AIを活用した自動車も登場して、常に革新的な技術を取り入れて進歩しています。ひと口に整備と言っても、同じ仕事を繰り返す単調さはなく、最先端の技術に触れられる喜びがあります。

そこで、鹿児島県鹿屋市で自動車整備士のキャリアアップはどんな経験を積めばいいでしょうか?

まず、専門学校に通う、未経験で企業に入社する2つの目指し方があります。

専門学校は、鹿児島県内には鹿児島工学院専門学校自動車工学科・鹿児島キャリアデザイン専門学校・自動車整備科 があります。卒業すると、二級自動車整備士の受験資格が得られます。さらに、二級自動車シャシ整備士以外の二級の資格を取得し、その後3年間の実務経験を積むと、一級の受験資格を満たすことができます。または、4年制の専門学校や大学校の一級自動車整備士の課程を修了すると、卒業と同時に一級の受験資格が得られます。一級の試験には実技と学科がありますが、実技試験は免除されます。

高等学校を卒業していても、自動車や機械などに関する課程を修了していないと、三級の受験資格はありません。受験資格を得る条件は、認証工場や指定工場で1年以上の実務経験を積むことです。また、二級の受験資格を得るには、3年以上の実務経験が必要となります。未経験で、見習いとして採用している整備工場もありますが、認証工場や指定工場でなければ受験資格が得られないので注意しましょう。認証工場や指定工場であれば、専門学校に通っている人と同じ様に未経験で入社しても資格取得が可能で同じ様にキャリアを積むことができます。

現在、鹿児島県鹿屋市では整備士は多くの活躍の場があります。

実際に、転職する人は現在勤めている整備工場で年功序列があり上のポストが空いていないために転職をする人もいます。大小たくさんの整備工場がある街で、1つの工場に勤め上げる事も良いですが、キャリアアップの基盤があるなら、自分をより必要とする工場にキャリアアップ転職を選択する時代です。そして、独立して自分の理想とする整備工場をする人もいます。独立の時には、お客さんの存在がとても大切になってきます。初めて、整備士の仕事をする!と決めたあの時の気持ちと、日々接するお客さんの「有難う」の気持ちを大切にすることができたら、お客さんはあなたのファンになって生涯、車の整備をお願いするでしょう。それが整備士の仕事を続ける上で一番の喜びになります。

鹿児島県鹿屋市の整備士・板金塗装の年収は年収 200〜700万円になります。

【JOB ID番号:0014】

ワークプランニング からの応募なら企業との年収交渉も可能です。ご興味のある方は、まずこちらからご相談ください。※お問い合わせ内容・メッセージ・備考に必ず【JOB ID番号:0014】 を記載してください